FC2ブログ

工作って楽しいね

実車の所有欲をプラモデルで解消するブログです。

マツダ T2000 その13

数少ないバキューム三輪ファンのみなさま。こんばんは。
いくらググっても見つからなかった画像資料を解説付きでタレ込んで頂き、興奮冷めやらぬたかぼうです。
貴重な資料なのでじっくり解析してから模型に反映いたしますね♪。


では今日の作業報告書。

IMG_2231.jpg
名機YD-180から取り出したキャビンは無造作ヘアーがカチンコチンコに固まっております。
本当は適度な固さの二時間後くらいに大まか削れば楽ちんこなんですが、しかたない。
デザインナイフでヘアセットしていきます。


IMG_2232.jpg
おおまかに傾斜に削り出し、マッキー細で幌の骨の位置を書きました。
(位置あってるかな?)
マッキーの線だけを消さないようにBMCタガネ2ミリで幌のくぼみを削っていきます。



IMG_2233.jpg
何となく幌の骨と張りが見えてきましたが、ポリパテ盛りのスがたくさんあるのでもう一度ポリパテ追加でーす。



IMG_2235.jpg
スを埋めるついでに加速時のソニックブームの発生を表現しま〜す。


じゃなくて、
T2000の特徴のひとつである初日の出暴走のリアスポばりの屋根の反り返りが足りないので修正です。


IMG_2236.jpg
キャビンは今晩もサウナにチェックイン。
あたかいね〜。(○д゚○)←T2000



IMG_2238.jpg
ホースリール駆動装置のカバーはホースリール側に固定しました。


今日はここまで!


----ここからは社内連絡でーす。----

やっぱりうんタン♪右側のフィルターはオイルセパレートでなく脱臭機なのですね。
確信が持てませんでしたがスッキリ!
燃料フィルターも何ミリになるか分かりませんが再現いたしまーす。
ホーシングのブレーキパイプやショックまではやりませんからねっ!
作業報告が「その1000」とかになっちゃいますw

これはいずれT1500を作るときのネタで。
でもその前にFVをセルフローダーにするつもりですが。


>ハイドロと真空ポンプの配管…
ハイドロマスターは真空ポンプとは繋がってないですよね?
負圧…?
(そのくらい全てが不明だらけです)

ツヤありブラック塗装が解析を拒むので、科捜研でじっくり画像解析してからまたお返事しまーす。
取り急ぎ、お手数おかけいたしまして、ありがとうございました。

妹がなんか勘違いして焼きもちメールを寄越しましたが、本当はオ…(ry なんだよ。と教えておきました。

ではでは。


スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/24(木) 23:08:26|
  2. マツダT2000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マツダ T2000 その14 | ホーム | マツダ T2000 その12>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7takabow7.blog.fc2.com/tb.php/26-e5e3ab53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)