工作って楽しいね

実車の所有欲をプラモデルで解消するブログです。

F-3型 特型警備車 をこさえる その4

さてさて

7月いっぱいはお休みがナイナイなものと覚悟しておりましたが、くだんのオムツ物件が軟着陸の様相を呈してまいりました。
だもんで覚悟していたよりも一週間早くお休みを迎えられましたさ〜♪
あと数日頑張れば、泣いても笑っても本番一発(謎)

 …そういや前回更新の翌日、早朝に旅立ったところから拷問体制が始まったのです。


3IMG_7416
とりまシソカソセソに乗車してからに…


3IMG_7431.jpg
除雪車メーカー様には車窓から敬意を念じるまでとして、スピード表敬訪問とさせて頂きました〜。


3IMG_7434.jpg
小松駅前にはデッカいダンプがあるわ、反対口には特急の汽車もあるわ…
訪れたのがちょうど夕暮れどきだったもんで、上空には続々と列をなして帰投するF-15の姿が!






まあそんなこんなで長期間ブログを放置してしまったワケですが、
昨晩はどんちゃん騒ぎを経て明け方に寝付こうとしていたところ、このダンマリタイムの間に噂のヤングエリートがサングレイトを1/24でこさえたとの情報が飛び込んでくるではありませんか〜!

これはゴロンしている場合ではありません!
 (一度しっかり寝て11:00に起床してからに…)



プラモをこさえるぞ〜♪
ほぼ三週間ぶりです。

3IMG_7651.jpg
ボンネット周りはだいたい加工を終えたもんで、本日から側面に着手いたします。

ちょっとスっとばしますが、画像に写ってるボンネット先端のウインカーの台座に、思いのほか難儀しました。
ここは角度出しがムズかったです。

ドアは0,5ミリプラ板を切り出して上から貼り付けることにいたしました
(1:24なので約10ミリ換算になりますが、定かではありません)。




3IMG_7652.jpg
でぎあがった〜♪

高校野球の西東京大会を観ながらだったため気もそぞろでしたが、こんなのはチョロいものです。
蝶番のたぐいは接着が固まった後日にチャチャっと削れば見られるようになるでしょう。




3IMG_7657.jpg
続けて、
側面の覗き窓とガラリもこさえました〜♪
反対側も半分終えておりますが、銃眼がまだなのと、各鉄板の溶接ビートは最後にまとめてやるつもりで〜す。




今日はたったのコレだけで〜す。
一日なんてこんなもんで〜す。






あ〜
余談ですが…


さっきBigムスキーからデッカい写真が届きました〜♪
(あざ〜っ¥)

3IMG_7654.jpg
とりま縦で申し訳ありませんがソッコー額縁にインしておきましたもんで〜。
これは後ほど先祖代々の写真や教育勅語の額縁と並べて実家の仏間に飾らせて頂きます。
(反射して写り込んでいるのはTOKIOの蜂の巣)


それと…


3IMG_7649.jpg
たかぼうちゃんの幼稚園バッグが実家で発掘されたそうですので〜!

最新型のiPadを買い与えたのにもかかわらず、まさかのガラケーで写真を送ってきよりました〜。
詳細は後日改めて、自分でパシャってお伝えします。


それでは今週も
ご安全に〜
x0x

ではでは
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/30(日) 21:40:27|
  2. F-3型 特型警備車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

F-3型 特型警備車 をこさえる その3

さてさて

すっかり間が空いてしまいました。
早朝や深夜の不規則な出動が続いたため、とてもブログどころではありませんでした。
具体的な内容は申せませんが、例えるなら深夜のバゲオ屋敷でひとり…
そんな日々です。

お相撲も始まりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

わたくしはというと、今晩もとっとと寝なければなりません。
なぜなら始発に乗るからです。
ご安全にx0x


で、ですねえ、
寝る前に溜まったプラモのナシをダイジェストでレポートいたしますと…


SIMG_7307.jpg
荒サフェを捨て吹きました〜
前回パタパタとハコ組みをしてからに、一回バラして組み直したところでレポートを放置しておりました。



SIMG_7305.jpg
砲塔は平面が台形だと推測いたしましたが、如何なものでしょうか?
背面の角度はもう少しつけた方が良さそうです。



SIMG_7314.jpg
ライトベゼルは、以前に何かで購入したガンダム系の余りパーツでこさえました。


SIMG_7316.jpg
ほれ
ライトベゼルがだいぶ飛び出しぎみですが、中身のライトをこさえたら様子を見て長さを詰めるつもりです。

ちなみにグリルの左右にある開口は、
向かって右が拡声器、左が放水口ではないかと推測いたしました。
どうせアミアミをかぶせるもんで、間違えていても構いません。
なんちゃら事務所で返金手続きです。ハイ。



SIMG_7325.jpg
グリルのガラリは17段だもんで、H850だとすると50ミリピッチ。
1/24で2ミリピッチくらいだと思います。
バシカメでプラ板を買ってきて貼りました。


SIMG_7329.jpg
ボンネットは蝶番や取手が付いているので開くようです。
モールドだけでも良かったのですが、ペラいプラ板を上貼りして板の境目を表現することにいたしました。


SIMG_7368.jpg
フロントガラスはスリットが切られた防護板が閉まる仕組みになっているようです。
窓の外側の立ち上がりは、型をこさえてプラ板の細切りを煮てクセ付けします。


SIMG_7398.jpg
それをペタリンコしてから、厚み方向を削りました



SIMG_7401.jpg
スリットが切られた防護板と呼んでいるのはコレです。
平時はボンネット側にピンで固定するようです



SIMG_7403.jpg
閉めたときも同じようにピンで固定されるのでしょう。
ここにはワイパーも付くのですが、お窓のマスキングが剥がされるまでは接着できませんので後回しです。
そのうち塗装前にこさえておきます。


SIMG_7405.jpg
蝶番や取手、リベットも付きました。



SIMG_7407.jpg
側面もガラリが付くので開口します。
あらかじめ開口しておけば楽でしたが、おおまかな形状がFIXしたからこそ開口位置も決まります。

それと、こさえはじめはパッションが大切だもんで、初日で速攻パタパタ組んだらこうなりました。



SIMG_7411.jpg
側面を開口したらば、ちょうど前面の裏側にアクセスできるように偶然なりました。


SIMG_7409.jpg
チャンスだもんで拡声器と丸い何かを簡単にこさえてインします。


SIMG_7410.jpg
よし



今日はここまでで〜す。

ではでは





テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/09(日) 19:45:46|
  2. F-3型 特型警備車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4