工作って楽しいね

実車の所有欲をプラモデルで解消するブログです。

みちのくひとり旅

「たとえ〜どんなにおらんでみぃ〜てもぉ〜」


さてさて
DIMG_3558.jpg
プラモはこさえてますよ。
幌の骨が「用」の字型だとオーナー様自らおっしゃっていたそうなので間違えないでしょう。


その後Big Muski様が現地でモノホンの写真を撮ってきてくださいましたが…
DIMG09308484.jpg
「うむむ…」



DIMG_3559.jpg
とにかくティシューを貼っつけました〜。




DIMG_3485.jpg
なんだか急にミニ四駆がこさえたくなりました。
グリルだけは塗らささってないと気に食わないのでシュッと吹き付けしました。

DIMG_3486.jpg
ほれ



DIMG_3496.jpg
ワイルドミニ四駆は、おちりのウイリーバーにヒモを結べば思い通りにコントロールができるのです。
ちょうどゆっくり歩くようなスピードだもんで、ワンちゃんのお散歩のように連れて歩けます。
走破性が良いのでかなりのオフロードを攻められます。
ひっくり返ったらリードを持ち上げて吊り上げればいいんです。
そのあと前輪からそっと着地させてあげればコース復帰できます。
それでも再スタートはかなりのタイムロスになるので、例えば競争させた場合もフェアです。

ただし、タコ糸のような細いヒモの場合、アクシデントの際にヒモがシャフトにグルグル巻きになってダモンデです。
こうなったらスグさまスイッチを切らないとキケンです。
細い糸よりも平べったいリボンのようなものの方がお子様向けかもしれません。

あと、
オトナがひとりでミニ四駆をお散歩させると別な意味でキケンなのでご注意ください。





そうやってお散歩していたらば、総輪駆動のザグレがいました〜。
DIMG_3500.jpg
超☆カッケー!


DIMG_3501.jpg
HTWに代わる林業用の6×6として、このあたりにはこういう仕様がノッコリいるのかもしれません。


ではでは
スポンサーサイト
  1. 2016/08/21(日) 19:40:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

BUSの回

さてさて

本日からフル残業のつもりでおりましたが台風が来たというのでセミ残業でヤメにしました。
まさか雨が降るだなんて知らなかったもんだから、カッパッパを持たずに出勤しました。
だもんで帰りはあきらめて、Tシャツでビショビショになりながら帰ってきました。
そうしたら風圧でTシャツが張り付いてオッパイが透けました。

さて、
きのうまで墓巡りという苦行を済ませるために軽い帰省をしておりました。

せっかくだから空いた時間でナニかみんなに面白いモノでも見せられやしないかと方々巡ってはみたのですが…

「BUSしか無〜い」

そもそも大型トラックが少ないんだと思います。
だって一次産業ばっかしだから。

逆にBUSは探さなくてもゴロゴロ落ちてます。
都会の事業者がポイしたBUSを、地方の事業者が使い倒して、さらにポイしたタマが三次導入されるからです。
土地だけは余っているので処分の事など考えないままもらってくるんでしょう。


DIMG_3507.jpg
BUS

DIMG_3509.jpg
BUS

あいにくBUSの知識が全くないのでメーカーすら判別がつきません。
9割方ヌルーしましたが、世の中には興味があるヒトもいるんだろうと思って、せっかくだから撮りやすいものだけ足を止めてみました。



DIMG_3510.jpg
BUS

DIMG_3512.jpg
BUS

DIMG_3511.jpg
BUS

DIMG_3515.jpg
BUS

DIMG_3516.jpg
BUS

DIMG_3518.jpg
解散騒動で今話題の
「ジャニー・K」かしら?


DIMG_3528.jpg
BUSトラック



DIMG_3529.jpg
BUSトラック


DIMG_3532.jpg
これは売り物らしいです。
ナンチャラ手続き待ちと張り紙がしてありました。


DIMG_3505.jpg
線路
汽車がターンする装置だそうです。

今日はここまで。
次回元気があったらトラックもやります。

ご安全にx0x
ではでは

  1. 2016/08/16(火) 21:06:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10